ジャグラーTOSHI タイトル

.........関西ジャグリングブログ

ショーの感想メールも大歓迎です!( )

[facebookページ]
忠岡町でのショーが14時に終わって家へ帰ろうとJR環状線で京橋へと向かう途中、となりの席に20歳ぐらいの小柄な男が勢いよく座ってきて僕の顔をじっと見てきた。


目をまん丸くしてひたすらじっと見てくるので

「知ってる人かな?」

と思ってチラっと見るが誰かわからない。おそらく全く知らない人だ。

「向こうも僕の事を知り合いと勘違いしてるかなんかで、すぐに勘違いとわかるやろう」

と思って気にせず本を読むが、一駅、二駅過ぎてもまだ見ている。

「ただ単に僕の顔に興味がある知的障害者の人かな?だとしたら多少は笑顔で返した方がいいのかな?」

と思ったが、まあいいかと思ってそのまま本を読んでいるとその男はやっと僕を見るのをやめ、携帯電話を取り出した。

本を読むフリをして横目で携帯電話の画面をのぞいてみると、何かGoogleで検索している。検索結果を見た瞬間、僕は固まってしまった。

検索結果:「愉快なゲイコミニュケーション」

そして、その男はそのwebページを選択し、閲覧していたのである。
僕の体の後ろの方がずっしりと重くなる。

「おおおおぉ・・・、笑顔返さんでよかったぁぁぁ・・・・!!


その男はその後も何度も僕の顔を見てきたが、一切こっちは本から視線をそらさず、必死でその気のないそぶりをする。

「ああ、なんてこの本は面白いんだろう。なんて面白いんだろう、なんて面白いんだろう・・・」

もちろん本の内容など一切頭に入らない。しかし、本がとても好きな人になりきるしかない。
しばらくすると男は自分の降りる駅に着いたらしく、物惜しげに電車から降りていった。

そこは玉造駅であった。

02/23(Fri.): ああ花粉症

まだ2月だというのに、もう目がかゆいです。

非常に嫌な予感がします。

これは即、病院で早期対策をせねば・・!!

02/11(Sun.): FLASHおもろいっす。

大学時代からプログラミングが好きで、いろんなプログラミング言語に手を出して遊んできました(そんなに複雑なやつは書けません)が、FLASHだけは今まで作成ソフトを持っていなかったので手をつけていませんでした。

最近、携帯電話を機種変更してその携帯でFLASHが再生できる事を知ってから、FLASH作りたいというむずむず感はピークに達し、ついに友達から古いバージョンのやつを買い取る事にしました。

さっそくインストールし、起動したチュートリアルにそって勉強開始すると、

「おおおっ!使いやすい!!」

さくさくと使い方をマスターでき、Illustratorとかのデータを読み込んで気持ち悪いキャラクターをアニメーションで動かして大満足。

プログラムの部分も自分で打ち込む必要がなく、マウスで関数をペタペタとはっていけば書ける仕組みになっていて、簡単なプログラムならFLASHで作った方がはるかに楽そう。その親切さにちょっと感動してしまいました。

僕のホームページにあるClickJugglerも簡単にFLASHに移植できそうです。早くケータイに入れたい!

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 184 | 185 | 186 |...| 188 | 189 | 190 || Next»
[RSS]

ホームページへ戻る